食事改善プロジェクト 講話によるセミナーを開催!

2019年8月20日(火)第4回名取市食生活改善推進員連絡協議会定例会内
会場:名取市保健センター

名取市保健センターさんの主催のもと、食事改善プロジェクト 講話によるセミナーを開催しました。
講師は広南病院 広南病院栄養管理室長 管理栄養士 五十嵐祐子さん。
名取市食生活改善推進員連絡協議会所属の26名、一般参加者15名、合計41名の皆さんにご参加頂きました。

テーマは「若いうちから脳卒中予防~塩エコ生活のすすめ~」
現役の管理栄養士ならではの観点から、脳卒中についての話から現代の食生活傾向、カリウム摂取・減塩の必要性についてなど約1時間、パワーポイントを使用してわかりやすくお話し頂きました。

普段から食に対し専門的に携わっている方々が中心とあって、真剣に聞き入っている姿がとても印象的でした。セミナーの終わりには質問コーナーや今回の感想をお伺いするアンケートを実施。

「減塩することがいかに大事か、実際の患者さんの話をまじえてお話頂き、改めて実感することができました。」「日常の食事を、自分では気をつけていると思っていましたが、改めて詳しくお話を聞いて反省させられることが多かった。」「若い方の脳卒中が増えているのはびっくりしました。野菜やカリウムの豊富な食事をしようと思いました。」「若いうちからの生活習慣が大切であるとことがよくわかりました。」「広南病院が考える減塩レシピの料理を作ってみたいです。」など、様々な感想をいただきました。
主催者からも「脳卒中に対して、生活習慣の見直しや減塩の必要性を深くご理解いただけるセミナーになりました。」とのご意見を頂き、有意義なセミナーとなりました。




「名取市保健センターでの講話セミナーの様子」